二階リビングの暑さ対策…ニトリの遮光・遮熱カーテンは、暖かい日の南西向き二階リビングの暑さ対策になったのか?南西向き一戸建て1階と2階の温度比較、第二段。

先日、まだ2月だというのに、最高気温が18℃!日差しもサンサン!という暖かい日がありました。

少し前にも、同じくらいに暖かい日があり、とうとう冷房を付けてしまった時間帯がありました…。

でも、さすがに2月に冷房を付けるのは悔しい、ということで、ニトリの遮熱カーテンを購入してみました。

その効果はどうだったのか…!?

最高気温18℃、最低気温4℃の日の、二階リビング。

最高気温18℃、最低気温4℃という暖かい冬の日…、お天気もよく日差しもしっかり。

南西向きの二階リビングには暑くなる要素たっぷりの日…!

とはいえ午前中の早いうちは軽く暖房をかけていました(特に足元が冷える)。

我が家は天井の高い勾配天井なのでなおさらなのかもしれませんが、冬の朝はさすがにちょっとひやっとします。

お昼近くには暖房を切って、ちょうどよい感じで過ごせました。

午後2時の時点では2階リビングの温度は22.4℃(エアコンなし)。

このあとかなり暑くなってきたので遮熱カーテンを閉めてみました。

体感的には、直射日光が入らなくなったので暑さがかなりおさまった感じがしました。

そして午後3時の時点では、2階リビングの温度は25.4℃。

ちょっと高め…ですが、窓を軽く開けて(掃き出し窓一つと、対角線上にあるトイレの窓)、冷房なしで過ごせるくらいでした!

遮熱カーテンがない時、同じくらいの天候、気温の日に、冷房を入れてしまうくらい暑かったので、遮熱カーテンのおかげで随分暑さはマシになったような気がします。

では1階は…?

ちなみに、遮熱カーテンを閉めて、窓を開けた状態の2階リビングが、25℃くらいだった午後3時、1階はなんと16.4℃。

かなりの差がありますね!

我が家の1階子ども部屋は、南西向きではありますが、窓の上部にあるベランダの軒が深いのと、

南側に張り出した建物があるので、日当たり抜群というわけではない状態。

そのため、あまり温度も上がらないのかもしれません。

夏は…1階で過ごす?

夏は、本格的に、1階で過ごすことを考えた方がいいのかもしれません…(笑)。

ミニTVを持って子ども部屋に行けば過ごせるような気もします。インターホンの子機も1階にあるし。

とはいえ、二階リビングの天井の高さと開放感に慣れているので、1階でずっと過ごすのは若干気づまりを感じる…贅沢病…まあ慣れると思いますが。

タイトルとURLをコピーしました