【暑さ対策まとめ】南西向き2階リビング、我が家の「暑さ対策」まとめ

南西向き2階リビングなのに軒が浅く性能も高くない家を建ててしまい、夏の暑さに辟易…(2018年築)

夏の午後の直射日光は本当に半端ではなく、輻射熱?がどんどんたまっていく感じがします…


そんな我が家がやってみた暑さ対策について、まとめてみました。

やってみた数々の対策

・バルコニーでゴーヤのグリーンカーテン・扇風機購入・ホームセンターで買ったシェードを設置・遮光カーテン購入・エアコンを大きいサイズに買い換え・樹脂製のよしず購入・2階リビングにエアコンをもう一台増設・西側窓に遮光メッシュシートを貼る・スタイルシェード設置・内窓の設置・クールブレイドを窓に貼る・太陽光パネルを設置

このように、本当にいろいろなことをやってきました…。

やってみた順に、内容の要約や詳しい記事のリンクを以下並べていきます。

グリーンカーテン・シェードの設置

入居して約1年後、初めての夏の2019年。グリーンカーテンを設置しましたが失敗…。結局、ホームセンターで購入した「シェード」を、マグネットフックでシャッターボックスに貼り付けて設置しました。

2021年、2022年はグリーンカーテンは成功しました!いくらかは日よけとして活躍してくれたと思っています。

扇風機を購入

なんとなく、細長い扇風機ならしっかり涼しくなるかなと思い、タワー型の扇風機を買ってみました。細長いので、普通のタイプよりも邪魔にならなくていいかも。

シャッターをしめる?しめない?

シャッターをしめておけば日よけになると思ってよくしめていましたがそれでも暑いものは暑い。シャッターは金属製なのでもしかしたら逆効果になる場合もあるかも…。

大型サイズのエアコンに買い換え

前の家で使っていた、200V 18畳用のエアコンを、24畳の2階リビングに設置しましたが、これ1台では真夏の午後が冷やされず…とうとう大きなサイズのエアコンに買い換えてみることにしました。

29畳用の霧ヶ峰を設置しましたが、前のエアコンのために開けた配管穴と位置が合わず、配管穴が開けなおしになり、雪だるま状態になってしまいました。

このエアコンにはA.I.機能がついていて、なかなかすごいです。

遮熱カーテンを購入

もともとはレースカーテンしか付けていなかったのですが、日よけのために、ニトリの遮熱カーテンを購入してみました。

買ってすぐだとシワが気になったのですが、つるしておくとよくなっていきました。

さらに、追加で同じものをニトリネットで購入しました。西日がまぶしいときなどにも活躍しています。

最高気温18℃の日に、この遮光カーテンがどれくらい活躍してくれたか?1階と2階の温度も比較しながら検証しました。やはり2階はどうしても暑くなりやすいですが、やはり太陽光をシャットアウトすることは重要ですね。

西側の窓に「遮光遮熱メッシュシート」を貼る

西側の窓から入ってくる西日がまぶしくて、そのために冷房も電力を使いそうなので、「遮光遮熱メッシュシート」というものを窓に貼ってみました。貼り付けてもほとんど目立たないのもメリットです。

樹脂製のよしずが便利!室外機の日陰対策や西日対策にも

まだまだ2階リビングが暑い…ということで夫とホームセンターを物色。そこで見つけた樹脂製のよしずを買ってみることにしました。

窓だけではなく、外壁やバルコニーの床の遮熱対策にもなるし、移動させられるし、気に入りました。

樹脂製のよしずを南西側バルコニーで放置しておきましたが、劣化具合は?数年くらいは全然大丈夫そうな感じです。

よしずを立てかけるために、掃き出し窓外にもっと「壁掛け竿掛け」と物干しざおがあれば便利だったかも…。

冷房を効きやすくするために、サーキュレーターの向きを工夫&室外機をシェードとよしずで日陰にしてみました。

※エアコンの室外機カバーも暑さ対策のために購入しましたが、アルミ製のため熱くなりやすく、真夏はもしかしたら逆効果かも…?でも何もなく直射日光にさらされるよりはましなのかも…?

リビングにエアコンを増設する!コンセントの増設

キッチン・ダイニング側をすばやく涼しくしたいという時があるので、やっぱりリビングにもう一台エアコンが欲しくなったのですが、エアコン用のコンセントが一つしかなく、まずはエアコン用のコンセントを増設しなければいけません。でも我が家は勾配天井のため隠蔽配線ができなさそうで…と思っていたら、一部だけなら屋根裏があるのでそこを使えば行けるかも…!

電気屋さんで相談した結果、なんとかして隠蔽配線でコンセント増設ができました!

このエアコンは、100V 14畳用ですが、24畳ほどあるLDKでも、冬も夏もほぼこれ一台で大丈夫。なかなか優秀です。

その結果、以前に買い換えた大きなサイズのエアコン(29畳用)に後悔する結果にも…。

エアコンのフィルターをこまめに掃除する

エアコンのフィルターをこまめに掃除すると、効きがずいぶんよくなります。ダイソンの「コンビネーションツール」があれば、ささっと簡単に掃除できてしまいます。

窓に日よけシート「クールブレイド」を貼る

とにかく窓から入る日差しをシャットアウトしたくて、クールブレイドという日よけシートも買ってみました。

窓の外側の「シェード」類は遮熱対策にすごく優秀ですが、風が強い日は使えないし、太陽の角度によっては完全に日よけができないときもあるので、窓の内側でもしっかり対策ができるクールブレイドはなかなか安心感があります。

 

おすすめ!「スタイルシェード」(アウターシェード)

マグネットでシャッターボックスに貼り付けるシェードだと、風ですぐ外れてしまってイライラしたり、少しサイズが合わないと歪んでしまって、見た目もいまいちだなと思っていました。

しかも台風の前などには外しておきたいのですが、いちいちしまうのが面倒で、そしてまた出してきて踏み台に乗ってマグネットフックを付けてというのが面倒でした。

スタイルシェードなら、ひもを引っ張ってきておろせばすぐに固定できて、真下にも斜め下にも固定できて、しまう時もワンタッチ。

薄く見えるけれどしっかり日差しをカットしてくれる感じがします。真夏だけではなく、春・秋の午後の日差しの強い時にも欠かせません。

スタイルシェードのかけ方で暑さ対策・西日対策

西日対策には、「軒」よりも「シェード」やよしずの方が優秀かも。西日はかなり太陽高度が低いし、軒で防ごうとしても難しいからです。

3月から活躍!

3月の最高気温が20度を超える日は、お昼前くらいからスタイルシェードをおろしておかないと、午後の2階リビングがあつーくなってしまいます…!逆にいえば、スタイルシェードは3月から早くも活躍してくれています。

そして4月の最高気温26度の日、とても暑い日だったのですが、2階リビングが暑くならないようにするにはどうしたらいいか?窓を開けたりスタイルシェードを早めにおろしておくなどの対策で、快適になりました。

 

太陽光パネルを設置

太陽光パネルを設置すると、屋根に日傘がかかったような状態になるので、もしかしたら涼しくなるかもね?という期待も込めて、太陽光パネルを設置しました。設置した結果の遮熱効果はよく分からないですが笑、太陽光発電したものを日中に自家消費できるし、電気代も安くなったし、停電時の非常電源も確保できたので、何かとよかったと思っています。

こういう手もあったかな?という妄想・理想・アイディア

キッチンを独立型にすれば、キッチンからの熱が伝わりづらかったかも?

縁側があればよかったのかな?

勾配天井のせいで暑い?なら、3階建てや、ロフトがあるとよかった?開く勾配天井などのアイディア・妄想も…。

 

まとめ

家の性能にこだわらないで普通の家を建てたために、暑さに後悔するということになり、色々と対策をしてきた我が家。

紆余曲折ありましたが、暑さ対策によかったと思うのが、

ダイニングに付けたサブエアコン(14畳用)(室外機が日陰なので真夏もよく働いてくれているかも)

スタイルシェード(バルコニーや外壁を日射から守る)

クールブレイド(窓に入る日射・西日をシャットアウトする)

この3つが特によかったかな…という感触があります。

もちろんほかのもの(遮光カーテンや太陽光パネル、でかいエアコン、扇風機など)も時々、もしくは度々活躍してくれているし、ゴーヤのグリーンカーテンに関してはゴーヤチャンプルにしたりゴーヤをご近所にも分けたり見た目にも涼しく感じたりという効果もあったしよかったです。

まあ…本音を言えば、東南向きや東向きの土地で、もっと性能の高い家を建てたかったかな。

 

error:Content is protected !!