PR
後悔・失敗間取り

【ファミクロまとめ】約1.5畳と約3.5畳のファミリークローゼットの後悔・失敗と成功

記事内に広告が含まれています。

2018年に注文住宅を建てた我が家、流行りに乗って?「ファミリークローゼット」を導入しました。

しかも1階と2階、両方に…ファミリークローゼットが2つもある我が家。

そこには成功と失敗が…。

ちなみに我が家は2階リビングの家です。

2階リビング横のファミリークローゼット(1.5畳)が「よかった」理由

我が家は2階リビングなので、家族は帰ってきたらすぐに2階に来て、主にリビングで過ごします。

そのため、2階の奥に作ったクローゼット(1.5畳ほど)が、実質は「ファミリークローゼット」として大活躍しています。

普段良く着る服は、タンスの中にしまってあり、その上にあるバーにもたくさんかけられています。

洗濯機置き場も、干すところ(バルコニー・リビングのホスクリーン・または浴室乾燥機)も2階、片づけるのもほぼ2階なのでとてもラクです。

夫のスーツやワイシャツ、子どもの幼稚園の制服もここにしまっているので、いちいち1階に服を取りに行かなくても大丈夫。

赤い四角が、2階のファミリークローゼット(WIC)で、青部分にはオプションで付けたハンガーパイプ、黄色部分にはシンプルなハンガーラックを置いています。

1.5畳で狭くない?ちょうどいい理由

  • オンシーズンの服だけ置くから(季節外れのものは1階のクローゼットへ移動させる)
  • 広すぎたら、もしファミクロとして使わない場合にもったいないから
  • タンスを3つ、ハンガーラックを1つ、掃除機、資源ごみ用の箱を置けてちょうどいい。枕棚もあるので収納量は問題ないから。

1.5畳しかないので、5人分もの衣類となると、オンシーズンのものだけとはいっても、冬は特に厚手のものでパンパンにはなりますが笑、まあ大丈夫です。

季節外れのものは、1階のファミリークローゼットに保管しているので、衣替えは必須なのは少し面倒ではありますが、衣替えのタイミングで、要らない服を整理したりしています。

このように、リビング階のファミリークローゼットは、とても便利です!

広すぎない1.5畳がちょうどいい感じで使いやすいです。

※ちなみに、別記事で詳しく書いていますが、子どもが中高生と大きくなってからも、ファミリークローゼットは絶賛大活躍しています。すぐそばにお風呂の脱衣所+カーテンがあるために、着替え場所の心配がないためです。

1階寝室横のファミリークローゼット(3.5畳):「いらなかった?」の理由

以前住んでいた家は、4LDKの建売住宅で、2階の個室にそれぞれクローゼットがあり、便利だったのですが、とにかく私の服が多くて、あっちこっちの部屋のクローゼットに私の服が進出(侵入)していました…。

そのため、「1階もファミリークローゼットにして、全員分の季節外れの服もまとめて置けるスペースにしよう!」「片づける場所も収納が分散していないほうが何かとラクだろう!」と考えて、

子ども部屋の収納を最小限にし、1階奥にファミリークローゼットとして約3.5畳のWICを作りました。

ハンガーパイプをなるべくたくさん設置していて、約200着もの服がかけられています。

その下には、タンスや衣装ケースがずらりと並べられていて、季節外れの服やパジャマ、小物などがぎっしりと収納されています。

それはそれで便利ではあります、衣替えの時は、この1階のWICと、2階のWICを、往復しながら、衣類を入れ替えればいいので…。

1階と2階で、同じプラスチックタンスを使っているので、引き出しごと入れ替えたりもできて便利です。(実際は、けっこう中身を見直しながら衣替えすることも多いですが)

引き出しタイプの洋服ダンス(Fit’s)も、衣装ケースも、ほぼ全てここに置いています。

ここ以外の各部屋にタンスを置くことがほぼなくなったので、部屋がすっきりとしたのは良いことなのですが、

やっぱり各部屋に、子供の制服や、思い出の物などの収納場所が欲しかったし、

広すぎるクローゼットはデッドスペースも多いからです…。

広いウォークインクローゼット、デッドスペースが多い

ウォークインクローゼットだと、4墨の部分が重なるので、ポールハンガーにしろ、タンスにしろ、うまく使えずデッドスペースになりがちです。

もったいないので、まだ捨てる勇気の出ない服をまとめてここに置いたり、あまり使わないスキーグッズをリュックにまとめて置いたりしていますが…。

また、真ん中の通路になる部分が広くてもったいないので、もう少し横に狭い形でもよかったかもしれません。

通路の部分が広いからと言ってここにものを置くととたんにタンスの中身の出し入れがしづらくなるので要注意です。

私も少し前まで、メルカリ用の段ボールなどを置きがちになっていたのですが、衣替えの時や探し物の時に本当に邪魔だったので置くのをやめました。

「子供部屋の収納はいらないから、広いファミリークローゼットに集約しよう」というのはちょっと失敗でした。

普通の大きめの横長クローゼット、収納力が高かった

前に住んでいた家にあったような、各部屋に広めの普通のクローゼットがあると、収納力がぐっと上がっただろうなと今さらながら思います。

横に長く、扉が折れ戸などで広く開けるタイプのクローゼットは、中身が見渡しやすいし、プラスチックタンスやふとんなど大きめの物も余裕で入れられたし、収納力が高くてとても便利でした。

もちろん奥の方に何かを置いてしまうと出しづらくなってしまったりもしたし、扉の前には何も置けなくなるというデメリットもあるので、どんな形の部屋にどんな風にクローゼットを配置するか、というのはすごく大事な部分ですね。

error: Content is protected !!