リビング横の3畳のフラットな畳コーナー、メリットとデメリット。

我が家のリビングには、約3畳ほどの畳スペースがあります。

スキップフロアになっているDENの前にあり、畳スペースは段差がなくフラットです。

住んでみて、メリットとデメリットがあるな…と感じています。

フラットな畳コーナーのメリット。

・つまづかない。

・部屋が広く見える気がする。

・ルンバがある場合、掃除がしやすい。

以前、段差のあるLDKの部屋に住んだ時に、なんだか狭く感じたり、家具が置きづらかったり、つまづきやすかったりと、いいことなくて、リビングにある段差がとても嫌いでした。

そのためフラットな畳コーナーにしたのですが、そのおかげでつまづかないし、子どもが落ちたりもしないし、危なくないです。

それから、我が家は今はルンバ(お掃除ロボット)を使っていませんが、使っている場合は、段差があると不便ですよね。

フラットなスペースなら、放っておけばルンバがお掃除してくれるのに!とちょっとイライラしそうです。

フラットな畳コーナーのデメリット。

・ゴミが隙間に入りやすい。

・テレビが見づらい。

・ゴロゴロしてから立ち上がりづらい。

リビング続きのフラットなスペースに、畳があるので、リビングのゴミもそのまま和室に流れてきて、畳の隙間にゴミがたまりやすい気がします。

もちろん、畳の上で遊んでいる子どもや、おもちゃ、仮干しの洗濯物など、畳スペース自体にゴミがたまる要素は満載なので、何とも言えないのですが(笑)。

そして畳の隙間に入ったゴミって、とても取りづらい!!

そして、フラットなスペースなので、寝転んでテレビ…となるとちょっと高さが低い。しかも、我が家は畳スペースの目の前にソファがあるのでちょっとムリ。

ゴロゴロしていても立ち上がりづらいので、あまりこの畳スペースでゴロゴロする人はいないかな…。

これが、段差のある畳スペースなら、立ち上がりやすいし、ゴロゴロしながらテレビも見やすかっただろうな~、とちょっと思います。

やっぱり本当は…。

やっぱり、畳コーナーではなくて、独立できる和室が欲しかったな~!というのが正直なところ…。

できれば、リビングに隣接していて、間仕切りができるタイプ。しかも、扉も収納できて、広々とさせられるタイプ…。

でも、扉も収納してしまえるタイプだと、かなりお値段がかかりそうだったのと、我が家はこだわりの勾配天井のため、リビング隣接の独立和室が作れませんでした。

これはやっぱりいまでもちょっと後悔している点です。


改訂版 小さくても居心地のいい家を建てる152のコツ―床面性が小さくてもゆったり暮らせるポイントが豊富な写真でよくわかる! (別冊プラスワンリビング)


小さな家の間取り解剖図鑑

こういう本でいろいろ勉強はしたものの、素人ではなかなか斬新なアイディアは生まれず…。やはり、すべてをかなえるのはなかなか難しいですよね…。

個室を増やすことよりも、広々としたリビングを優先していた我が家なので、仕方ないといえば仕方ないことですね。

とはいえこの畳コーナー、リビングの一角として、子どもの遊び場、上の子のかるた・カード遊びスペース、洗濯物を畳む場所などなどと、本当に大活躍しているので、あってよかったです。

タイトルとURLをコピーしました