「引き戸」で子ども部屋を広く使う裏技!?

引き戸と開き戸…それぞれにメリットとデメリットがあるのですが、

間取りを考えているときは、色々な本で勉強した結果、「引き戸を使うと部屋を広く使えるらしい」ということが印象に残り、

子ども部屋に取り入れてみたい!と思いました。

子ども部屋の入り口を引き戸に。

いずれ二つに分けられるようにした、ちょっと広めの子ども部屋。

奥に寝室があるので、廊下がどうしても長くなってしまい、ちょっとスペースがもったいないな…と思った私。

そこで、本で見た情報を参考に、子ども部屋の扉をこんな風に隣接させ、どちらも引き戸にしてみる!という方法を思いつきました。

そうすると、まだ子供たちが小さいうちは、引き戸を開け放して、廊下も子ども部屋の一部分として、広々と遊べるじゃん!ということ。

どうしても、ドアとドアの真ん中には柱が入るものの、引き戸を開けておけると広々と見えそうなのは、なんとなく想像できますよね。

他者からの意見は…。

でも、夫やハウスメーカーの担当の方からは、「別にそんなに広々とは見えないかも…」と言われました(笑)。

これは現在の、開き戸の子ども部屋の入り口ですが、結局、扉は天井まではないので…。

この赤枠の入り口が二つ隣り合ってできるだけで、開けっ放しにしていても、あまり広々と感じることはできないのでは…?と言われました…。確かに、そうかもしれませんね…。

結局は、実現できなかった。

それでもなかなかあきらめられなかった私。

紆余曲折の末、結局は、子ども部屋の引き戸は、実現できませんでした。

理由の一つが、引き戸にすると、その戸を収める部分に電気のスイッチをつけられない!ということ。

この図の、青い線の部分です。

入っていすぐに、電気のスイッチ付けたいですよね…。ここにスイッチを付けられないのは、かなり痛いです。

それから、気づいてしまったのは、ドアをこのように隣接させてしまうと、将来、部屋を二つに分けることになった時に、分ける部分(境界線)が限定されてしまうこと。

結局、下の図のように(青いマル)、ドアとドアを少し離した方が、境界線を少しずらしたり…という臨機応変さが生まれるのです。

そのおかげで、将来もし壁を付けたいと思った場合のために、天井に下地を入れてもらったのですが、少しずらして二か所の下地を入れてもらうことができました。

「こっちの部屋一人だからちょっと狭く」「こっちの部屋はちょっと広く」という臨機応変な対応ができますよね!

というわけで、引き戸で広々…というアイディアは、夢に終わったのでした。

でもどこかに、これを取り入れて見たかったな…。


間取りの方程式

この本と、同シリーズが、とても参考になりましたよ!いろいろなアイディアがあって、「あ、これ取り入れられるかな?」妄想したりして、見ているだけで楽しかったです。

タイトルとURLをコピーしました