玄関の軒の深さ。バルコニー(ベランダ)の張り出しのおかげで深くて良かった。

バルコニー(ベランダ)を広くしたい!という希望が強い夫のために、バルコニー部分が最大限に張り出すことになった我が家。

その結果、意外にも玄関の方にもメリットがあったことに気が付きました。

※ベランダは屋根があるもの、バルコニーは屋根がないものと最近知りました(笑)。我が家はほとんど屋根がないのでバルコニーだと思われ、これまで「ベランダ」と表記していた部分を訂正しています。

張り出したバルコニーと玄関の横壁。

我が家のバルコニーは、約136cm、張り出しています。

さらに、玄関を出て片側部分に、壁があります。

その壁が、バルコニーの張り出しと同じだけあるので、玄関が片側だけだけれどけっこう「囲まれた」感じになっています。

さらに、バルコニーの張り出しが約136cmあるので、玄関はかなり、雨風から守られています。

白くてシンプルな軒天、だけど深くて便利。

これのおかげで、帰ってきた時に雨に濡れずに傘を閉じることができるし、

雨の日に幼稚園バスを待つ時などにも助かっています。

矢印の方向に玄関を出て、赤い線のあたりまでは雨に濡れずに外に出れます。

さらに、バルコニーの軒下に、自転車や三輪車を置いて、軒下サイクルポートとなっています(笑)。

玄関をへこませる方法も。

玄関の軒を深くするためには、バルコニーを張り出させる方法のほかにも、

「玄関をへこませる」という方法がありますね。

最近の間取りにはとても多いと思います。

我が家の以前の家もそうなっていました。

赤マルの部分のように、玄関のドアは、少しへこんだ部分にありました。

さらに!その上にはバルコニーの張り出し(上の図の黄色い線)が約90cmあったので、玄関はかなり守られている感じがありました。

玄関の軒が深いおかげで、生協のボックスを置き時や、子どもの三輪車をちょっと置いておく時、雨がっぱを脱ぐ時、帰ってからベビーカーを置いて子どもを下ろして…という作業も、とてもやりやすかったです。

玄関の軒は深い方が便利。

玄関の軒は、深いほうが絶対に便利だし、雨風から守られた空間があった方が便利です。

我が家のような小さなおうちの場合も、軒が深いだけで、家がちょっと広くなったように(笑)、とても便利にその空間を使えますよ。

玄関がどうしても狭くなる…という場合も、軒が深いと、それだけで玄関まわりを広く使えるのと同じことになりそうです。傘を置いたりベビーカーを置いたり等々。

家の間取りを考えている方などの参考になるといいなと思います!

タイトルとURLをコピーしました