PR
オプション

ほたるスイッチ、便利でよかった。でも、夜中にまぶしいというデメリットも…

記事内に広告が含まれています。

わが家の照明のスイッチには、「ほたるスイッチ」が採用されているようで、照明スイッチがOFFのときは、下の写真のように、薄緑色の小さな光が、スイッチ中央部分に灯っています。

ちなみに照明をONにしたときは特に色は光らず無色?です。

このほたるスイッチはあった方が便利で、役に立つ場面が多いです!が、まぶしいこともあるという意外なデメリットも発見してちょっとびっくりしました。

ほたるスイッチ、あってよかった理由・メリット

電気が付いていないときも、「スイッチはここ」というのが分かりやすい。

夜、照明をONにしなくても、ほたるスイッチの明かりのおかげで少し周囲が見える(廊下・トイレなど)。照明をONにするとまぶしすぎるので、ちょうどいい。

上の写真は、夜中まっくらな時に撮った、1階廊下の照明スイッチ周辺です。

これのおかげで、家の中が真っ暗な時も、スイッチがどこにあるかが一目瞭然で、迷ったり、手探りで探したりする必要はなく、すぐにスイッチの場所が分かってONにできます。

また、夜中にトイレに起きた時、照明をONにするとまぶしすぎて、目が覚めてしまいそうで嫌なのですが、ほたるスイッチのおかげで、照明を付けなくてもうっすら周りが見えるので、照明をOFFのままでも、トイレに行くことができています。

トイレの中も、トイレの中にある照明のほたるスイッチの明かりと、トイレの温水便座の同じような緑色の光のおかげで、トイレの照明をONにしなくてもぼんやり見えます。

写真だと真っ暗に見えるかもしれませんが、意外と、夜中にこのくらいの明かりがあれば、どこに何があるかくらいは見えるので不思議です。

トイレの照明は特に、夜中に付けるとまぶしすぎるな…とちょっと後悔していたのですが、ほたるスイッチの明かりを頼りにすれば、最近は照明を付けなくてもトイレに入り、トイレ横の洗面で手を洗えるようになりました。

ほたるスイッチのデメリットは?

夜中に、寝る場所・顔に近いところにあると、まぶしい時がある

私の寝る位置のちょうど隣に、寝室の照明スイッチがあるのですが、これが、寝がえりでスイッチ側を向いたときにちょっとまぶしい…と感じる時があります。

真っ暗だと寝づらい、少し明かりを付けないと眠れない、というタイプの人ならむしろちょうどいいかもしれませんが、最近は私は真っ暗な方が寝やすいので、ちょっと気になるようになってしまいました。

まぶしいなと感じたら反対側に寝がえりを打ったり、あおむけで寝ればいいのですが、結局またいつの間にかスイッチの方へ寝返りを打ってしまい、あっまぶしい…と思ってしまうこともあります。

夜中でも場所が分かりやすいというメリットはありますが、まぶしく感じる時があるというデメリットもあるのでした…。

特に私の場合は寝ている顔の高さとちょうど同じくらいにスイッチがあるのでなおさらでした…。

もちろんこの位置にあるおかげで、寝る前にスイッチを消しやすいし、いい部分もあるのですが。

error: Content is protected !!