PR
オプション住まい・暮らし

寝室の照明、ちょっと失敗した…。調光して暗くしても少しまぶしい。昼間には暗い!

記事内に広告が含まれています。

寝室の照明は、すっきりとしていておしゃれなダウンライトを希望したところ、ハウスメーカーの照明の打ち合わせ担当の方が、「Twin配光・調光ダウンライト」を提案してくださって、気に入って採用しました。

おしゃれで気に入っているのですが、ちょっと失敗したかも…とも思っています。

寝室の照明:「Twin配光・調光ダウンライト 白熱球100W相当」が2つ

寝室の照明は、調光機能(光の明るさを調整できる機能)のあるダウンライトなのですが、「Twin配光」ができるタイプのものです。(価格は2018年当時で、1個あたり税込み22,000円くらいでした)

間接照明のような「間接光」と、明るい「拡散光」の2種類が使える照明で、スイッチのON/OFFを繰り返すことで、かんたんに切り替えられます。

色は電球色なので、夜ゆったり過ごすにはちょうどよくあたたかい雰囲気です。

①間接光の一番暗め

②間接光の一番明るめ

③拡散光の一番暗め

④拡散光の一番明るめ

夜寝る前に、少しだけ寝室にあるテレビを見てから寝たい、スマホをチェックしてから寝たい、アラームをセットしたい…など、寝る前の準備の時は、「調光」機能で明るくすることができるので、助かっています。

「拡散」光の一番明るい光にすれば、夜寝る前の準備には十分なくらいの明るさです。

寝室のダウンライト、失敗したかも…と思った理由

昼間に仕事をするには少し明るさが足りないと感じてしまいます。また、寝る時に一番暗く調光しても、少し明るい・まぶしいかな、と感じています。

①昼間にはちょっと暗い…!

デメリットの一つは、昼間にパソコン仕事をしたい、本を読みたい・探したい、という時にはちょっと暗いと感じてしまうこと…!

特に、この寝室は、1階にあって、家の一番奥側で、方角でいうと北側になり、住宅密集地なのでなおさら、日中は日当たりが悪くて暗いです。午前中は運よく、隙間から意外と光が入りますが、午後は日が全く当たらず暗いです…。

そのため、「拡散」光の一番明るいものにしても、ちょっと暗くて、パソコンでリモート会議をするときや、友達とオンラインミーティングをした時に、顔が暗くなってしまって困りました…。

夫がリモートワークをするときもちょっと暗いと困っていたので、手持ちのLEDスタンドライトを使ったりもしましたが、それでもやっぱりちょっと暗くて…寝室の照明計画、失敗したなあと何度かぼやいてしまいました。

ライトの色が「電球色」なため、仕事などに向くというよりは、夕方以降のリラックスに向いている色だし、ダウンライトが「2つだけ」だったというのも暗かった理由の一つかも。(部屋の広さは5.5畳くらい)

4つくらいつけていれば明るかったかな…補助用に、Twin配光ではない普通のダウンライトも2つくらいつけて置けばよかったのかもしれません。

②一番暗くしても寝る時には少しまぶしいかも

最初は、一番暗くしておけば、寝る時にちょうどいいくらいの光だなと思っていましたが、だんだん、少しまぶしいかもと思うようになってしまいました。

ダウンライト2個同時にしかONOFFができないのですが、1個だけを付ける、などの調整ができるとなおよかったかも。

もしくは、ダウンライトは消して、小さな手元灯などを使ったほうがいいかも…?

error: Content is protected !!