注文住宅の後悔…ロールスクリーンを付ければよかった場所。寝室のWICと寝室の間と、脱衣所・洗面所の仕切り。突っ張り棒を使わない、間仕切りのためのアイディア。

注文住宅の後悔、いったんまとめ記事を作ったものの、まだまだありました…!これからもまだまだ出てくる可能性、大です(笑)。

今回は、「ロールスクリーンを付ければよかった場所がある」という後悔ポイントです。

階段下などに付けたロールカーテン。

階段下には、二階リビングの冷房を下に逃さないため&玄関から階段を見えなくするためのロールカーテンを設置しました。

他にも、細長いタテスベリ窓や、寝室の窓にも、ロールカーテンを付けてます。

寝室へ入る時、WICが見える。

廊下から、寝室へ入るためには、WICの引き戸を開けてから、右側にある開き戸を開ける必要があります。

必ず、WICの中の様子が見えてしまうという状態です。

寝室なんて、誰も入ってこないし、WICがゴチャゴチャで見えたとしても問題ないだろう!と思っていたのですが、

意外と、内窓の下見、工事の人とか、点検の人とか、けっこう案内することがあり(笑)、WICも丸見えなので、しまったな~という感じです。

洋服がたくさんぎゅうぎゅうに吊られているだけならまだしも、足元にはメルカリ用の保存段ボールや梱包材が置いてあり、旅行用バッグやカートなどが所狭しと並べられ、おさがり用の洋服を詰め込んだ段ボールや大きなバッグやらもゴチャゴチャと…。

とっても恥ずかしい状態で(整理整頓すればいいのに)…、でも、一時期断捨離をした結果、後悔してしまったことも多く、なかなか「ミニマリスト」にはなれない私です(笑)。

建築中から少し思っていたのですが、やっぱり、このWICを見えなくするための、ロールカーテンを付ければよかったな…と。

黄色いナナメ線を入れた部分に、ロールカーテンを付ければ、隠せたかな?と思います。

突っ張り棒を使ったりして、何とか自分でも付けられるかもしれませんが、ナナメだとなかなか難しそう…(間取りを見るとまっすぐにできそうに見えますが、引き戸のためムリ)。

それに、ハウスメーカーの方からは、「突っ張り棒はよくない。壁などにかなり負担をかける」というようなことを言われた記憶があるので…、なるべく避けた方が良さそうです。

天井部分にはロールカーテン用の下地もないし、リフォームもなかなか難しいのかな。

DIYで、何か工夫して、カーテンを付けるしかなさそうです。

洗面所と脱衣所の間。

これも、建築中から思ってはいたのですが…、

脱衣所と洗面所を完全には分けられなくても、気になる時だけ隠せるように、洗面所と脱衣所の間に、ロールカーテンを付けたかったです。

しかし、どうしてもここにはホスクリーンを付けたくて…、しかも、天井にしまえるタイプの、天井埋め込み式のホシ姫サマにしたかったので、

ロールカーテンのレールを入れることは叶いませんでした。

でも今思えば、このホシ姫サマ、若干邪魔ではあるものの、天井にしまうことはほぼありません。

おそらく何年か後になると、天井にしまえることすらも、忘れてしまいそうです(笑)。

ふつうのホスクリーンにしていれば、ポールとポールの間は天井には何もない状態なので、ロールカーテンも付けられたかもしれない?と思うと、ちょっと後悔。


DIYでここにロールスクリーンを付けるには…と時々、ここを眺めながら想像するのですが…どうにも難しそうです…!

こんなアイディアもあるけれど…。

温泉や病院とかで見るパーテーションを置くという手もありますが、狭い洗面・脱衣所なので、ちょっとジャマかな?

もしくはぶら下がっているホシ姫サマのポールを使って、布を垂直方向にぶら下げるとか…。

苦し紛れな感じが否めないですかね(笑)。

でもちょっとやってみたら意外といけるかな…なんて思ったんですが、これでずっと長くはちょっとイマイチかな?きっと家族からも何コレ!?と不評だと思われます(笑)。

かもいを利用する方法。

洗面所の引き戸に、小さいけれど「かもい」的な部分があるので、これを挿せば、竿受けになりそうです。

とても賢い方法だと思うんですが、ただ我が家の場合は反対側のコレをどこに付けるかが問題で、実現可能性は低め…残念。

ベルメゾンの「カーテンポール」を使う?

「カーテンポールバトン」という商品があることをベルメゾンネットで発見しました。

これなら突っ張り棒がなくても、カーテンが付けられる…!

しかもポールは回転するので、邪魔な時は、壁沿いにしまっておくこともできます。

ネジを使って、下地のある場所に取り付けないといけないので…、壁の下地のある部分を探すという手間と、穴を開けてしまうことを容認することが必要ですが、なかなかよさそうです。

WICの目隠しにも、脱衣所の目隠しにも、どちらにも向いていそうですね!

物干しワイヤー「pid」を使う!?

そして、ちょっと思ったのが、物干しワイヤー「pid」を使って、カーテンをつるすという案…。

ホスクリーンよりも安価で、見た目的にも邪魔にならず、使わないときはワイヤーをしまって置けると評判のpid。

重いものをたくさん干すと、真ん中に寄ってしまうので、大家族の大量の洗濯物には向かないかもしれませんが、重宝しそうだな、と思っていました。

これに、軽いカーテンをかければ、簡易的カーテンレールになるのではないか…と思ったのです。

ただ、ベルメゾンのカーテンポールにしろ、pidにしろ、付けたい場所に、下地(柱)がないとムリなようなので、下地センサーも買わないと付けられないかな…前途多難です。

もしいずれかの方法を、本当にやってみたらレポートしたいと思います(明日に続きます)。

タイトルとURLをコピーしました