PR
住み替え・引っ越し

家を売って後悔…!住み替えのために家を売却したけれど後悔してしまった経験談

記事内に広告が含まれています。

これまでに、分譲マンションと建売一戸建て住宅を「売却」した経験があります。

家を売った後に後悔したことはある?と質問されたことがあったので、思い出してみると、売却後に「後悔した」こともあれば、「後悔しなかった」こともありました。

家(マンション)を売って「後悔した」理由

以前、分譲マンションを購入して数年間住んだ後、仕事の都合などで引っ越すことになり、マンションを売却しました。

その時は初めての家の売却だったし、売りに出してからたくさんの内覧者が来てくれてもなかなか成約までは至らないことに焦ってしまい、大きく値段を下げた後にすぐに決まった感じでした。

今思えば、物件的にも立地的にも気に入っていたし、あまり売り急がなければよかった…とか、賃貸に出して今も持って置けばよかったかな…という気持ちもあり、ちょっと後悔が残っています。

住み心地はよかったし物件を気に入ってはいたので後悔が残る結果に…

 

家(一戸建て)を売って「後悔していない」理由

次に住んだ建売住宅は、住み替えのために数年で売却をしたのですが、その物件に関しては売却をしたことに後悔は今はほとんどありません。

マンションの時と同様、もう少し焦らずじっくり売却すればもう少し高く売れたかもなという気持ちはありつつ笑、

リビングが狭い間取りと、旗竿地で日当たりが悪いという懸念点があったのに無事に売れたのでむしろよかったな…と思っています。

今の家よりも立地の便利さは上回っているし、安かったので経済的負担も軽かったのに、自分に後悔が全くないことを考えると、やっぱり間取りなどの面で住み心地が良くなかったんだなと、しみじみ思います。

そもそも住み心地が悪く気に入っていなかったので売却後も後悔していない

 

売却後に後悔しないために

売却後に後悔しないためにはどうしたらいいか?これは色々な要因が重なるし単純な問題ではないし絶対的な正解はないかと思いますが、

売却後に後悔をしたりしなかったり…という経験のある私としては、売却後に後悔をしないためには

・この物件は私にとって住みにくい、環境が合わない、物件が気に入らないなどの、手放す理由が大きいこと

・なるべく売り急がずじっくり売却活動をすること

・次に住むあて(賃貸でも購入でも)があること

が大事なのかな?となんとなく思います。

<PR>

結果的には住み替えをしてよかった

気に入っていたマンションをやっぱり手放さなければ良かった…と後悔は少しあるものの、

マンションを取り巻く環境…例えば、自分がマンションの高層階が苦手だったこと、また、部屋の数や広さが限られている、足音などを気にしないといけないといったことや、駐車場代や管理費・修繕積立費などが高かったことなどを色々考えると、やっぱり今の家の方が結局は一番いいかな、と思うので、

色々な物件に住んだり、賃貸に入居したり、引っ越し費用や手数料もかかったりと、たくさんの勉強代はかかったけれど、まあよかったかなと思います。

でも住む家への執着はあまりなく、環境が変わることにむしろ抵抗がないタイプなので、今後も何かあれば引っ越すのもありかもなとなんとなく思ったりもしています。(変わった間取りの今の家が売れるのか?心配はありつつですが笑)

<PR>

不動産の売却をご検討なら【三井のリハウス】
error: Content is protected !!