記事内に商品プロモーションを含む場合があります
インテリア&家電

学習机代わりに購入したLOWYAのパソコンデスク(組み立てデスク)、収納や勉強には十分?

大きな組み合わせデスクを学習机にすると、狭い子供部屋に置ききれないので、スリムな机を選ぶことにしました。

こだわったのは、ある程度の奥行きと収納棚があるというところ。そこで、選んだ「LOWYA」の組み立て商品が届きました!

この記事を書いた人

「家のこと。-家づくりと暮らしー主婦のブログ」 
を書いているtodayhahaです。
マンション、建売、注文住宅等、いろいろな家に住んできて、家選びや家づくりに後悔・失敗したことも多数…。
これらの経験をもとに、どなたかの参考になればと思いながら、
家づくりと暮らしをテーマに、ブログを制作しています。

子供部屋、大きな学習机が置けない!代わりのものを探す

真ん中の子は、ニトリの「組み合わせデスク」を、今のところ小学校から中学生まで、気に入って使っています。

ですが、女子の方は、スペースが限られていて、くみあわせですくを二つ置くのが厳しく…。

しっかり勉強はできる奥行きとしっかりさ、収納もあるけれど、スリムなものを買おう、ということで、

LOWYAで見つけたパソコンデスク(組み立て式)を買うことにしました。

学習机代わりに買ったパソコンデスク、デザインや収納力について

完成後、机を見た中学生になる上の子は、かわいい!ととても喜んでくれました。

前まで使っていた大きな学習机よりも、コンパクト(幅が100㎝から85㎝に)で、デザインもシンプルなので、部屋も広く見えます。

スリムながら奥行きはわりとしっかりあるので、勉強もしづらくはないと思います。

リビングにスタディカウンターがあるので、これで十分

リビングに大きめのスタディカウンターがあり、二人は主にここでしか勉強しないので、子供部屋の学習机は「補助」程度で十分、と考えました。

夏休みなどに持って帰ってくる学校の物を置いて置いたり、子供の趣味のものを置いたり飾ったり、たまに子供部屋で勉強するかもしれないときに使う場所として、学習机の代わりになるものがあればいいと思って選んだので、十分だったと思います。

※実際、オンライン授業のときや、友達とLINE通話をしながらテスト勉強する、という時に、たまに使用していましたが、パソコンを置いて、ノートとテキストを置いて…というのは問題なくできていたようです。

リビングに作った勉強カウンターの作り方の工夫

収納力については?デメリットは?

棚板の高さもたくさん変えられる(可動棚7枚)ので便利なのですが、

デスク上の収納は奥行きが小さいので、教科書などを置くには向きません。文庫本や、趣味の物を飾る程度がちょうどいいです。

細かいものをしまう引き出しがないのもデメリットですが、ボックスやペン立てなどを使ったりすれば、問題なし。

足元の本棚はかなりたくさんの本や書類などが入れられます。教科書やノートなども収納できるし、ボックスなどを置けば小物なども収納できます。

ただし、以前使っていたニトリのくみあわせデスクなど、いわゆる学習机に比べると、収納力が落ちるのは事実。

ニトリのくみあわせデスクのレビュー

でも、足りない分は、カラーボックスや本棚を利用するなどすれば問題ないです。

ニトリで買ったNカラボを連結させた話

子供部屋では、ふつうの3段のカラーボックスも利用していますが、ごちゃつきを隠すためにカラーボックス用のカバーを付けたりもしています。

子供部屋のカラーボックスにダイソーのボックスカーテンを付けたこと

その後、下の子用にも買い足して、同じデスク(色違い)を2個横並べにしました!

LOWYAのパソコンデスク、組み立ては大丈夫?→電動ドライバーが必須!

大きめの段ボール一つだけで到着

段ボールを開けてみると、白い木の板がたくさん出てきました…!

組み立てられるだろうか…とちょっと不安になりましたが、説明書を見てみると、この木の板にはきちんと番号がふってあることが分かりました。確かに、丸いシールに番号が書いてあり、確か17くらいまでありました。

電動ドライバーで組み立て→3時間ほどで完成

初めて、「電動ドライバー」を使ってみることにしました。ネットで購入したお手頃商品ですが、全く問題なく使えました!これがなかったらけっこう厳しかったです…。

ニトリのカラボの組み立てと連結、電動ドライバーが欠かせなかった

夫と二人でゆっくりのんびり作りながら、1時間ほどで、机のベース(土台)が完成しました。

途中、中断したり休んだりしながら、トータルで約3時間ほどで完成しました。

ちゃんとコンセント部分がついていて、コードも長めなので安心、親切です!

こんな感じで、机の裏は真っ白ではないので、やはり壁に付けて裏を隠すのが良さそう。

ちなみに、壁に本棚を固定するための金具も付いてきました。付けて置けば、地震の時などにも安心ですね。

赤いマルでかこった、大きめのネジ(カムロックねじ)が見える部分は、右側の写真のように、白いシールで隠すようになっています。

白いシールで隠す部分が、けっこうたくさんあるのですが、ぱっと見はそんなに気になりません。

ただ、このシールがちょっとはがれやすくて、長年使うとどうなるかな…という心配はちょっとあります。

また、ちょっとした汚れや、上の写真のような、木がちょっと割れた部分?キズのようになっている部分も、よく見るとあります。が、我が家はあまり細かいことは気にしません。

あと、金属のダボを移動させることで、本棚の高さを変えられるのですが、このダボ、一度ダボ穴に入れると、位置を変えたいときに、なかなか外せなくてちょっとイライラします笑。

でも、そのおかげでしっかりと固定されている感じもするので、まあいいとします。

error: Content is protected !!