【土地探し】【土地選び】公園が目の前の土地・家の、メリットとデメリット。我が家は…後悔?良かった?

注文住宅を建てるにあたって、土地探しをしている時に、公園がすぐ目の前の土地に出会いました。

我が家がこだわっていた、「日当たり」や「駅からの距離」という条件に加え、

子どもを遊ばせやすい、緑が豊かといったメリットも多そうな物件。

最初にその土地を知ったときは、とても魅力的!と思いました。デメリットについてもじっくりと調べたあとでも、やっぱり魅力も多いなと感じました。

とても心惹かれたのですが、迷った末に我が家は購入を見送ることになりました。

でも、最後まで心残りで、いまだにあそこもよかったなあ…と思う時があります。

【公園が目の前の土地のメリット】

1、日当たりがよい。将来的にも心配が少ない

我が家は、前に住んでいた家のリビングの日当たりの悪さが大きな不満で、住み替えを選択しました。

そのため、目の前(南側)が公園であれば、日当たりは抜群だし、将来的にも建物が建ってしまう可能性が低いと思いました。(ゼロではないですが)

一階にリビングを置いたとしても日当たりの変化の心配が少ないのは大きなメリットだと思いました。

ただし方角や木の量や木からの距離によっては、木陰になる部分が多すぎて日当たりが心配になることもあるかも。

2、緑の借景が楽しめる。自然が豊か。

木がたくさん植えられている公園なので、単純に、家のすぐそばに自然があるのはすごく癒されそうで魅力的だと思いました。

春には桜など花を咲かせる木もあったし、「借景」を期待してピクチャーウィンドウを作ったり…という妄想もわきました。

森林浴で得られる癒し効果がすぐそばにある…やっぱり人間には自然の力が大事です。

結局選んだ土地は、公園から近いとはいえ少し離れたところになり、結局行くのが少しおっくうでほとんど足を運ばないので、家の目の前だったらよかっただろうなと思ってしまいます。

3、子どもを遊ばせやすい、見守りやすい

今の家は、公園が徒歩1分、2分のところにあるので、子どもを遊ばせるには問題ないでしょうと思って今の土地を選びましたが、結局、大通りを渡る必要があるためやはり面倒…。ストライダーなどを持っていくのにもちょっと手間です。

公園が目の前にあれば、すぐに遊ばせられたし、見守りもしやすかっただろうなと思います。

自転車の練習をさせる時も、家の庭では狭くて制限があるし、目の前が公園だったらなあ…と何度か思いました。

【公園が目の前の土地のデメリット】

1、防犯面の心配

ただ、実際に公園目の前の土地に住むことを現実的に考えた時に少し心配だったのが、防犯面です。

トイレのある公園だったので、きっと不特定多数の人が公園を訪れるだろうし、公園そばに路駐する車もあったし、夜には若者がたむろしていて…という場面も見かけました。

2、人から見られる不安

洗濯物や、家のようすなどを、色々な人に見られてしまうんだろうな…という不安もありました。

もちろん、洗濯物が見えないような設計にしたり、人目が気にならないような窓の作り方をするなど、工夫もできたと思いますが、日当たりのよい面がほぼ公園の側だけだったので、大きな窓を作らざるを得ないだろうし、ふとんも時には干したいし…。

リビングが一階だとなおさら、カーテンをしていても落ち着かないかもしれないな、と不安になりました。

予算の関係でオープン外構になるだろうと思ったし、自分が玄関を出入りする、庭いじりをする、宅配便を受け取るなどの日常の動作も、公園にいる不特定多数に見られたら恥ずかしいかも…とも。

3、音の問題。うるさいかも?

そしていろいろな時間帯に公園を見に行ってみた結果わかったことが、早朝から夕方までうるさい可能性が高いということ。

休みの日の早朝に、町内会の集まりでラジオ体操や太極拳?の練習が行われていたり、昼間は近所の幼稚園・保育園が散歩や運動会に利用したり、放課後の子どもたちが集まってゲームをしたり走り回ったり。

小学生だけではなく、ちょっと大きな中高生も、ボール遊びをしたり自転車で集まってしゃべっていたりと、にぎやかでした。

もう赤ちゃんのいない家庭ならそこまで困らないかなーと思っていましたが、体調が悪くて寝込んでいる時なんかは少し気になったかも…?

また、台風や風の強いときは、公園内の背の高い木が風に揺れる音もなかなか大きいな…と思いました。

4、虫が多いかもしれない

緑豊かな公園で自然がたっぷり…ということは、虫も多いということで、蚊はもちろん、いろいろな虫がいるだろうなと。

私の実家も公園がそばなのでよく遊んでいましたが、知らないうちにヘビを踏んでしまい、びっくりしヘビが逃げたことに気が付いてこっちがビックリ!!ということもありました…

夏は、セミの声がものすごくて笑、まあ季節を感じてそれも風情、と言えるかもしれませんが。

また、雑草もどうしてもわっさわっさと生え、ある程度伸びたら自治体が刈ってくれるようでしたが、ひどいときはなかなかひどいので、公園を通るだけで体がかゆい…と思ったことが何度かありました。

5、遊び中の子供たちによる「ピンポン」も?

公園に何度か行って実際に見たのですが、子供たちがボール遊びをしていて、すぐそばの家にボールが入ってしまい、ピンポンをしに行くとか、庭先の車や花壇などにボールをぶつけてしまったり、公園内のトイレが故障中などで使えない時にトイレを借りに行く子がいたり(その家に知り合いの子供がいるとなおさら借りやすいようで…)。

たくさんの子供たちが集まる場所なので仕方のない面もあるにせよ、ちょっと面倒かも…と正直思ってしまいました。

6、臭いが気になることも?

また、敏感な人の場合は、木や草の独特な臭いとか、公園内のトイレからも風向きによっては臭いがしたりとか、ポイ捨てされるゴミの臭いとか、野良猫などのフンの臭いなども気になるかも…と少し心配しました。

風が強いと、砂埃なども舞いやすくて、洗濯物に臭いがついたり、窓を開けられなかったり…という心配も。

【後悔する?しない?】

公園が目の前の土地や家を選んで、後悔するかしないかは、正直生活スタイルや何を求めるかとか、人によって違うとは思います。

我が家の場合は、人の目が気になったり、音が気になったりという面で、もしかしたら後悔するかもと思い、その土地を見送ることになりました。

実際、その公園周辺は道があまり広くないにも関わらず昼間の車通りも多く、家のすぐそばを車がたくさん通るのは落ち着かなかっただろうし、選ばなくて正解だったと思います。

でも日中は家にいない人とか、ライフスタイルによっては気にならないだろうし、かっこよく作った家をたくさんの人に見てほしい!きれいに花を植えた庭や装飾などもぜひたくさんの人に見てほしい!とか、町内会の集まりもぜひたくさん参加したいし子どもたちもたくさん関わりたいしという社交的な方ならむしろメリットが大きいかもしれません。

我が家も時々、やっぱり公園が目の前の方が、自然のパワーをたくさん吸収できただろうなとか、遊ばせやすかっただろうなとか、選ばなかった後悔が頭に浮かぶことが時々あります。

公園はすぐそばだけど少しだけ離れている、たとえば広めの道一本挟んでいるとか、ある程度の距離があれば最高なのかもしれません。

error:Content is protected !!