「トイレ」のこうしてよかった、まとめ。ペーパーホルダーが二個、収納やニッチ、壁紙、シャワートイレ一体型。

我が家のトイレのことは、これまでもさんざん紹介してきたのですが、

改めて、トイレに関して「こうしてよかった」と思うことをまとめておきたいと思います。

ペーパーホルダーは2個、横並び。

以前住んでいた家では、トイレットペーパーホルダーが2個横並びになっていて、とても便利!!と思っていました。

しかし注文住宅を建てる際に、きっと最近の家はホルダー2個なんだよね!と思ったら、標準では「1個です」と言われ、

慌てて「2個、横並びでお願いします!」と追加してもらいました。もちろん1階のトイレも2階のトイレも、両方ともです。

しかし、完成してチェックしている際に、なんと、1階も2階も、ホルダーが両側の壁に付いているという事態が!!ビックリでした(笑)。

<間違いの図>

これではなんだかトイレが狭くなるし、最初のオーダーと違う…ということで直してもらいました。壁紙も全部張り替えになったそうですが…汗

ホルダー2個は絶対必要…なぜなら我が家は5人家族、すごい勢いでトイレットペーパーがなくなるからです…。

2個あれば、片方がかなり少ないときや、芯だけになってしまったときも、焦る気持ちがちょっと少なくなります(笑)。結局なくなったら補充するので一緒といえば一緒なのかもしれませんが、気持ちの余裕かな…何かが違う気がします。

トイレ内ニッチ、便利。

トイレ内に付けたニッチ(これは標準でした)が、かなり便利で大活躍しています。

オープンの場所にはトイレおそうじシート、トイレットペーパーの替え2個、そしてのちに購入した、流水音発生ボタンを置いています。

また、扉の中には、2段の収納スペースがあり、トイレ用アルコール除菌や、さっと臭い消ししたい時に役に立つ「一滴消臭元」、サニタリー用品、などが入っています。

トイレットペーパーが2パック入る大型収納。

トイレ背面には、大きめの収納があり、12ロール入りトイレットペーパーが2パックも入ります。


右下には、トイレブラシを収納する場所もあります。ちょっと奥まっていて取り出しにくいですが(笑)、トイレブラシを隠して置けるので便利です。

換気扇が隠れる。

トイレ内の換気扇、前の家では、汚れが付くととても目立って気になっていましたが、今回はこの換気扇が隠れた場所にあるので、見た目的にGOODです。

隠れた場所に換気扇って、ちゃんと換気されるの?とか不思議に思いますが(笑)、詳しくはこちらの記事に書きました。

ちょっと冒険の、レンガ調の壁紙を全面に。

なかなかすごいことになっていて、初めて見たときはびっくりしましたが(笑)、慣れてくるとかなり落ち着くので、不思議なものです(笑)。汚れも目立たないし、ちょっと個性的なので気に入っています!

むしろ1階の真っ白な壁のトイレが逆に落ち着かなくなってきたという…(笑)。

シャワートイレ一体型。

ちょっと変わった形なのですが、隙間がなくて掃除がしやすいです。

こちらは1階のトイレですが、赤い印をつけた部分に、かなり大きなへこみ?隙間があり、ここにホコリが意外とたまります。

形的にも、上の形の方がちょっとかっこいい!?1階のトイレも、これにすればよかった…!

ちなみに「タンクレス」にはせず、トイレ内に独立した手洗いも付けませんでした。

出たらすぐ洗面台なので問題ないかなと…。

でも本当は手洗いカウンター付きトイレとかも憧れがあるのですが(笑)。

ちなみに2階のトイレは、タンクレスだと水圧が心配…ということもありタンクレスにはしなかったのですが、この2階トイレすでに一度詰まった経験があります(笑)。

ちょっと広めのトイレ。

横幅は一般的な、91㎝でひとマス分ですが、タテの長さがちょっと長めで、91×2.5の、227cmくらいの長さ。

トイレを広くしたかったわけではなく、他の間取りの関係でこうなったのですが、ちょっと広くなったおかげで、トイレ内にオムツゴミ箱を置いておけたり、トイレトレーニングの時に役立ったり(笑)、何気に活躍してきました。

トイレにタテスベリ窓。ロールカーテン。

ハウスメーカーに付けてもらったロールカーテン、ちょうどよい色で、安定感も、気に入っています。

このタテスベリ窓が、朝にはとても明るい朝日が入り、日中は換気口としてとても重要な役割をする位置にあり、とても重宝しています。

トイレ照明は自動…いいのか悪いのか?

これはいい点も悪い点もあったのですが…2階のトイレの照明は自動で付くタイプです。

人感センサー付きのもので、スイッチに手の届かない末っ子でも一人でトイレに行けるのが助かってはいます。実際、私たちもラクですしね…。

でも、座っているうちに消えてしまうことがあったり(ジタバタするとまた付きますが(笑))、トイレから出てもしばらくは付いているのがもったいないと思ったり、スイッチをON/OFFする習慣がつかなくなり外のトイレでうっかりする…というデメリットもあるかなと思います。

洗面所にニッチを付けたりした関係で、トイレのスイッチを便利な場所に付けられず、トイレ奥につけることになり、人感センサーということになってしまいました。そのため照明が切れて新しく付ける場合も、人感センサーにするしかないと思います…。まあ、いっか、ですが(笑)。

まあ、全体的には、トイレに関してはよかったことが多いかな…と思います。

タイトルとURLをコピーしました