オリーブの葉が黄色くなった原因…コガネムシの幼虫?土が酸性だった?水不足?石灰を買って混ぜてみた。

我が家のシンボルツリー、オリーブは2年目ですが、すっかり2mを超える高さに。

しかし8月ごろから、葉が黄色くなるという症状に悩まされてきました。

オリーブは常緑樹なので、黄色く紅葉することはないはずなのです…。少量であれば古い葉が自然に落ちるだけなので心配はないのですが、ちょっと少量とは言えないかなという状態。

スズメガの幼虫が発生して、捕獲したり、茂りすぎが良くなかったかと思って剪定をしてみたり、何かの虫がいるかと思って「オルトラン」をまいてみたり。

いろいろやってみたのですがやっぱり毎日数枚の葉が黄色くなっていくので、本腰を入れて対策を始めることにしました。

オレンジ色のは、剪定後に塗った、
切り口癒合剤。

まず本を購入。

オリーブをシンボルツリーにしようと決め、自分たちで植えたのにも関わらず、あまりオリーブについて調べずに適当にやってきてしまいました…。

ネットにもいろいろな情報があるのですが、信頼できる本を一冊手元に用意しておきたいと思い、今さらながら、オリーブの本を買ってみました。

オリーブのお世話に関して、月別に詳しく記載されているので、とても分かりやすくて助かります!

害虫や病気についての説明も、巻末に詳しく書いてあったし、剪定方法についてなども参考になって、何度も熟読してしまいました。

葉が黄色になる原因…①水不足?

庭植えのオリーブは、基本的には水やりはいらないそうですが、この夏はとても暑かったこともあり、もしかしたら水不足だったかもしれません。

土が乾いているなと思ったら、なるべく朝のうちに水やりをしようと心がけています。

…が、まだまだ黄色の葉は改善されず。

もしかしたら水不足よりも「排水性」の問題があるのかも…。その場合は、水のあげすぎに注意が必要ですね…難しい。

葉が黄色くなる原因…②土が酸性に傾いている?

もしかして、豪雨が何度かあったり梅雨が長かったりして、土の性質が酸性に傾いてしまっている?

オリーブは弱アルカリ性の土を好むそうなので、石灰を混ぜるといいと聞き、「苦土石灰」1kg200円くらいで買ってきたので、土に混ぜてみることにしました。

※上で紹介したオリーブの本では、1年に1回、2月に石灰を土に施すとよいと書いてありました。

ひと握りくらいの量を、オリーブを植えている土に混ぜてみました。

混ぜる時に、なにやら怪しい幼虫を発見…もしや、コガネムシの幼虫か…!?黒くなっているのでおそらく死骸だと思うけれど…。

他のゴミと一緒に袋に捨てたところ。

もしまだいたら大変です…これは幼虫対策も必要かも。

葉が黄色くなる原因…③コガネムシの幼虫?

調べていると、コガネムシの幼虫が、オリーブの根を食べて、オリーブが弱ると葉が黄色くなることがあるとか…。

これはまずいと思い、コガネムシの幼虫に効くらしい「オルトランDX粒剤」か、「ダイアジノン」という薬を、近所のドラッグストアに探しに行ったのですが売っていなくて、見つけた苦土石灰を買ってきて、それを土に混ぜたときに幼虫を発見した…という経緯です。

でも、見つけた幼虫はすでに死んでいたようなので、以前まいた普通の「オルトラン」がもしかしたら効いたのかも…?

でも念のため、コガネムシの幼虫によく効くといわれるどちらかをAmazonで買ってまいてみるつもりです。

葉が黄色くなる原因…④オリーブアナアキゾウムシ?

木の根元に、おがくずのようなものがあったり、幹が凸凹していたり、小さな穴があったりしたら、「オリーブアナアキゾウムシ」の幼虫が幹の中にいるかもしれない…!

穴なのか葉が落ちた後なのか分からないものとか、ちょっと幹が凸凹しているように見える部分がなくはない…。ここをマイナスドライバーとかで削ると、幼虫がいるかもしれないとか…怖い!

これには「スミチオン」が効くらしいですが、あまり色々な薬剤を使いすぎるのも…と思うので、とりあえず、おがくずは見つからないし、様子見かなと。

タイトルとURLをコピーしました