「独立型キッチン」もよかったかも。ゆっくりできる個室として。料理中の暑さ対策として。

我が家のキッチンは、いわゆる対面キッチンで、吊戸棚もないので、リビングからキッチン、キッチンからリビングがオープン。

対面の方が、食器のやり取りがしやすかったり、食器洗いをしているときの景色も良くて気分も良いです。

広々として見えるのが好きなので、こうしたのですが、やっぱり「独立型キッチン」も良かったかもしれない…と今さら思います。

自分だけの「城」として。

キッチンに扉があって、閉めることができたら、自分だけの個室、城として使えるのでは?と。

家族全員がそろっているとき、にぎやかで楽しいのですが、ここ最近の情勢で家族がそろう時間が長くなり、やっぱり一人になりたいときも出て来ますよね…。

そこで、自分だけの城としてキッチンが個室になれば…とちょっと思いました。

キッチンに折りたためるイスを置いて、料理を見守りながら動画を見たり、本を読んだり、音楽を聴いたり…小さいテレビなんかがあってもいいかも。

さらにエアコンもキッチン用のものを付けて置ければますます快適そう…!

料理中の熱気をリビングダイニングに流さないため。

料理中に、ガスの火をつけると、どうしてもリビングダイニングに熱気が伝わります。

せっかく早めに夕食準備をしても、暑さで傷んでしまいそうで心配だし、

そもそもそんな状況では料理をする気もそがれてしまいます。

キッチンが個室になれば、その熱気をせめてリビングダイニングに伝わってしまうのを防げるだろうし、

個室になるように設計していれば、キッチンにエアコン用のコンセントも付けたかもしれないなと。

キッチンにエアコン、本当に欲しかったな…!

ただし、キッチンにエアコンを付けると、油を吸い込んでしまって不具合が起きやすいそうです…。なので、キッチンではなく、キッチン近くのダイニングなどがベターですね。

一台あるエアコンの冷房を(設定温度を下げるなどして)強くして、サーキュレーターでキッチンの方に風を送る方法もあるのですが、そうするとエアコン近くにいる人が寒がってしまうのもちょっと困ったところです。

まとめ。

キッチンを個室にしたいと思ったのは、私だけの部屋がないことと、キッチンが暑いという悩みが原因…。

後悔ポイントはいっぱいありますが、家族みんなは私ほど不満を漏らさないし(笑)、楽しそうに生活しています。今の家を建ててよかったという思いは変わりません…が、もうちょっと工夫したかったかな(笑)。

タイトルとURLをコピーしました