【2020ガーデニング】庭の花壇。5月になってから復活したハツユキカズラ。まさかのキノコ発生!?レースラベンダーはとうとう枯れる

夏のように暑くなってきた5月、庭の花壇の様子も変わってきました。

ハツユキカズラが復活!

冬の間、茶色っぽくなってしまって、「枯れた?」と心配していた、花壇のハツユキカズラ

すっかり茶色くなってしまい、枯れたように見えて、見た目も悪いし、抜いてしまった方がいいのかな…とも思っていました。

でも去年も春、夏になるとキレイな色に戻った気がするし、抜くのも忍びないなと、決意できないでいました。

ただ、一昨年前の秋(2018年秋)に植えたものなので、いよいよ終わりかな…と思っていたのですが…。

これは5月下旬の写真ですが、とてもきれいな緑色に復活し、白やピンクの部分も出てきました…!

まだ抜かずに残しておいてよかったです…。

最初に植えたときよりも、範囲もかなり広がっていて、他の植物の邪魔をしていますが、まあいいかなと。

でも、あまりに伸びすぎて邪魔な部分はカットしておきました。

そしてその後も、毎年5月、6月頃になるととてもきれいなピンク、白や緑の新しい葉を出し、どんどん成長しています!放っておくとものすごく伸びて花壇を侵食していくので、適度な剪定が不可欠です。本当に強くて、しかもきれいなグランドカバーになってくれています!

2022年夏、花壇に植えているハツユキカズラはこの通りものすごく元気!!どんどん増殖しています。

2022年7月上旬のようす

 

夏を越えて、時々茶色くなった葉っぱがありますが、日焼けしたものかな?掃除用のほうきで軽くたたくとパラパラ落ちてくので、せっせと落ちた葉を掃除します。すると、茶色い葉がなくなってまたきれいな姿になります!

アイビーも広がる。プランターでは失敗…

また、アイビーもかなり花壇じゅうに広がっていたので、かなり大幅に剪定してしまいました。つる性の植物って本当に強いですね…。

でも、小さなプランターに植えたアイビーはすっかり枯れてしまいました…。

やっぱり花壇に植えたものは強いんだなと実感しました。

鉢植えでもうまく育てられるようになりたいのですが、水やりのタイミングとかが難しいです。あげすぎて根腐れさせてしまったことも何度かあるので…。ただ単に水が足りなかったせいという時もあるかもしれませんが。

その後…、

プランターにもハツユキカズラを買って植えてみたのですが、2022年真夏の暑い時期に数日水やりができない間にすっかり枯れてしまいました… 本当に枯れるとかなりからっからになるんだなと実感。

花壇のハツユキカズラは元気すぎるほど元気なのになあ。

まさかの…花壇にキノコ発生!?

冬の間に一株しか植えていなかった赤いビオラが、春になってかなり大きく成長し、幅を利かせていました。

枯れたお花は摘み取ったりしていましたが、ほとんど剪定もせずほったらかしにしておいたら、かなり「こんもり」としてしまい、

さらに他の植物、アイビーなどもたくさんあったので、風通しがかなり悪くなっていたのでしょう。

なんと、ビオラとハツユキカズラの間あたりに、キノコがいくつか生えているのを発見…!!

(ちなみに100均で買ったパークチップも少しばらまいてみていたあたりでした。それのせいもあったのかな…)

写真も撮りましたが、あまりにもおぞましいので、公開は自粛します(笑)。

キノコの生えた花壇は逆に環境がわりと良い…という話も聞いたことがあります!よい土壌になってきた…と思うことにしたいところです。

しっかり手入れをしよう…。

育っていく分にはいいのかな…と思い、どんどん大きくなっていく草花たちを、放置しすぎてしまいました…!

花壇はうっそうとしてしまい、とうとう毒キノコ!?まではやしてしまいました…

反省して、もう伸び切ってしまったビオラは株ごと抜き、他にも終わってしまったらしき花は抜き、伸び切ったアイビーなどもかなり剪定しました。

そしてシンボルツリーのオリーブも、けっこうバッサリと剪定してスッキリとさせました!

「ハマキムシ」のフンらしき黒いブツブツもあったので思い切ってたくさん切りました。どのみちすぐにもさもさになるということも分かっているので…。

ちなみに、基本的には、シンボルツリーを植えた花壇は、あまり他の植物でグランドカバーをしすぎないほうが、虫害の予防のためには良いそうです。

それなのに、草花でうっそうとさせた上に、キノコまではやしてしまうとは軽くショック。

反省して、しっかりとお手入れをしていきたいと思います…。

レースラベンダーはとうとう枯れる

ちなみに、2019年秋に苗を買ってきてから、冬の間もたくさんのお花を咲かせてくれていたレースラベンダーですが、

5月に入って暑くなってきてから元気がなくなり、とうとう、お花がほとんど咲かなくなってしまいました。

葉も茶色いところが多く、見るからに元気がありません…。

あまりにたくさんのお花を咲かせすぎ、しかもお花の摘み取りも遅かったので、疲れてしまったのかもしれません…。

もしくは、真夏一歩手前の暑さと湿度にやられてしまったのか?

やはり初心者には、レースラベンダーはハードルが高すぎたかな…。

とりあえず、もう一度、風通しが良くなるように剪定をしてみました。

ハツユキカズラのような例もあるし、まだまだあきらめずに見守っていきたいと思います。

error:Content is protected !!