PR
間取り

我が家の間取り最終版。こだわりすぎて迷走した間取り…。

記事内に広告が含まれています。

わが家(2018年築の注文住宅、2階リビングの一戸建て)の間取りは、1階も2階も、ちょっとこだわりすぎたかな…という最終間取りになりました。

【1Fの間取り】こだわりすぎて、子供部屋が変形!寝室も狭い!

これが一階の最終的な間取りです。

「玄関は広め」というこだわり→子ども部屋が狭くなった

玄関が広めで土間収納も譲れなかったため、子ども部屋がちょっと狭くなりました…。

子ども部屋を二つに仕切れるように、天井に下地を入れましたが、どちらか調整ができるように、二か所に下地が入れてあります。

(図の上のほうの下地だと上の部屋が狭すぎるので、この位置はちょっと調整した記憶があります)。

子供部屋の形が、上の図の赤い線のとおりで、ちょっといびつな形に…。

おかげで、子供部屋にベッドを3つ置きたいなという時に、導線的にちょっと幅が厳しくなり、とりあえず、末っ子用のベッドは、「ショートシングルサイズ」という、普通のシングルよりもたての長さが20㎝ほど短いものを選びました。背が高くなってしまったらどうしよう…

「廊下は作りたくない」こだわり→間取り上しかたなく発生

なるべく廊下は作りたくないというこだわりがありましたが、結局、間取り上、長い廊下ができてしまいました…。

我が家の実家も、昔、新築を建てたときにやたらと長い廊下ができて、「なんかもったいないな」と思ったのですが…私もこうなってしまいました笑。

でも、我が家の土地は奥へ向かって細長い形だし、1階はプライベートスペースが主なので、無理に廊下のない間取りにしていたら、それこそおかしな間取りになってしまっていたかも、

玄関を間取りの真ん中に置けば廊下が少なくなることも分かっていましたが、そうすると玄関までの入り口が狭くなってしまいそうで、あきらめてしまいました。

※2階に関しては、廊下はほぼなしの間取りができました。

「ファミリークローゼット」にこだわり→寝室が狭くなり、子供部屋の収納もほほぼなくなった

また、1階奥に約3.5畳の広いウォークインクローゼットを作りましたが、寝室に入らずに子どもも服やカバンを取れるように…という意図で作られています。いわゆる「ファミリークローゼット」的な存在です。

そのせいで、寝室はちょっといびつな形になり、しかも6畳もない、5.5畳くらい…という狭さになってしまいました。

しかもその広いファミリークローゼットのために、子ども部屋の収納は最低限のサイズになり、ちょっと後悔…。

シンプルな間取りから、こだわりすぎ?の間取りへ迷走した…

この1階の間取りに関しては、最初は玄関はもう少し狭かったし、各部屋にちゃんとクローゼットがあったし、もう少しオーソドックスだったのですが、色々と迷走した結果にこうなりました。

便利な点もあるのですが、やっぱりシンプルな、普通の間取り(個室がいくつかあって、それぞれに大きめのクローゼットがある)方が、暮らしやすさや売却のしやすさという点では、上だっただろうなとも思います…。

【2Fの間取り】注文住宅ならではのこだわりの詰まったリビングにしたくて…

せっかくの注文住宅だし、とにかく広々としたリビングにしたくて天井高を高くできる「2階リビング」にしようと決めていて、色々悩みながら考えた間取りなのですが、最終的にはこのような感じになりました。

階段の位置や、勉強スペース・カウンターの位置、段差をつけるかどうか、キッチンの向き、畳スペースの広さ、ウォークインクローゼットの広さや収納、トイレの位置など、本当にいろいろと悩みに悩んだ結果できた間取りです。

「スキップフロア」へのこだわり→2畳だけのスキップフロア誕生

ただのだだっぴろい空間だけだとつまらないかなと思い、どうしても付けたかったスキップフロア…広さは2畳だけで、スタディスペースとなっています。

勉強の他、おえかきや読書、私のアイロンやお裁縫、コーヒーを飲む、ちょっと座るスペースとして、便利だしメリットも多いですが、ほりごたつ式にしたので、足元にゴミがたまるし掃除も大変です…!

「トイレの位置は奥」というこだわり…長いトイレが誕生

トイレに関しても当初はキッチンの真横に置かれていて、それでいいやと思っていましたが、やっぱりそれではまずいかもと気が付き、何とかしてなるべく奥へ追いやりました。

その結果、間取り上の理由で、不思議にちょっと広い(長い)トイレスペースになりました。

「勾配天井」にこだわり→和室を独立させられなかった

本当は和室を独立した部屋にしたかったのですが、天井が勾配天井のため、壁がつくれませんでした…。

でも、たった3畳のフラットな畳スペースですが、ものすごくよく使われています。末っ子の遊び、絵本を読む、真ん中の子のゲーム・サブテレビ・勉強、洗濯物干し・たたむ、ストレッチ、かるたの練習etc.

間取りは奥深すぎる。こだわりすぎたかも

間取りはとても奥深い!!

いろいろな本で間取りを調べて研究しましたが、階段の段数が重要だったり、人が通れるスペースについて考えたり、はたまた家相まで関わってきたり…。

最初に「こんな感じの間取りがいいな」という間取りを書いてみた時、ハウスメーカーの人に見せると、苦笑されたこともありました。

階段の間取りへの反映の仕方とか、階段下のトイレの置き方とか、いろいろおかしくて、とにかく「不可能」な間取りだったのです笑。

一番苦労したのが、階段と、1階・2階への影響についてです。これは素人にはとても無理な分野かもと思いました。

そんな余計な苦労をしたせいで、後に引けなくなり、間取りもどんどんこだわりすぎておかしな方向へ行ってしまった…という感じも正直否めません笑。

やっぱり間取りを考えている時点ではわからないことや、わかっていても大丈夫でしょと思っていたことが、実際に住んでみると「あ、やっぱり…」となったりしますね。

もちろん、こだわってよかった点も

もちろん、こだわって工夫した結果、2階のあちこちに収納を作れたこと(クローゼットがとにかく便利!)は、よかったと思っているし、

こだわった結果のとおり、スキップフロアは子供の勉強、畳スペースは遊びや洗濯ゾーンなど、用途がはっきりとするゾーニングができていていいし、空間に変化も生まれてよかったし、勾配天井も広々としていてよかった、とは思っています。

玄関が広めになったおかげで、気持ちがいい、家族の出入りや靴も渋滞しない、ガーデニングや傘干しができる、冷凍庫が置けたなど、メリットもたくさんありましたし。

ちょっと考えすぎてこだわりすぎてしまった我が家の間取りですが、それでも全体的にはまあまあ満足しています。

error: Content is protected !!