PR
住まい・暮らし間取り

間取り、リビングではなくダイニングを南側にした方がよかった?窓際に置いたテレビがまぶしくて見えにくい

記事内に広告が含まれています。

2階リビングで、南側(南西側)にリビングを配置し、その隣にダイニングテーブルとキッチンを置きました。

TVが窓際になってしまって、困ったことが…。

テレビがまぶしくて見えにくい時が…!

また、リビングのテレビを、南西側の大きなはきだし窓の窓際に置いてあるのですが、日当たりがいい時、まぶしくてテレビが見えづらいときがあります。

その可能性はあるよね…と思いながらも、どうしても日当たりのいいリビングにすることを優先して、リビングを南側にもってきた結果、こうなりました。

ダイニングを明るい側にすればよかった?

でも思えば、LDKはつながっているので、ダイニングを南側に持ってきて、明るいダイニングにしてもよかったのかな?

テレビは窓際からもう少しはなれた場所に置けば、まぶしくて見えづらい時間も減っただろうな…と思います。

実際、ダイニングテーブルは、食事の時以外にも、パソコン作業や子供が宿題をするのに使うこともあるし、明るい場所であることに何の問題もなさそう…。

遮熱カーテンがあれば、さっとしめられて便利!

もともとはレースカーテンしか付けていなかったのですが、日差しのまぶしさ対策などで、「遮光1級・遮熱・遮音カーテン レーベル アイボリー 100X220X2」を購入し、2つの掃き出し窓につるしました。

(※2020年に2セット購入しました。)

カーテンならさっと閉められる

そんな時に、さっとこの遮光カーテンをしめればまぶしさがだいぶなくなり、テレビが見やすくなるので便利です!

カーテンなら、半分だけ閉めるとか、2つある掃き出し窓のうち一つだけ閉めるなどの調整がしやすいので、真っ暗になるのも避けられていい感じです。

厚地のカーテン、いらなかったかもしれないけれど、あってよかった

もともとは、厚手のカーテンは、2階リビングの窓には設置していませんでした。

2階だし、窓が大きくても目線は気にならないだろうと思っていたので。

でも、日差しの熱さが気になったり、視線も気になるときがあったので、ニトリで遮光・遮熱カーテンを購入しました。

使わないとき、窓の両端に束ねてあると、掃除の時にちょっと邪魔にも感じますが、普段は、もともとのレースカーテンを一番手前にしているので、あまり目立ちません。

「スタイルシェード」を付けてからは、日差しが熱いときは、外側につけたシェードで日差しをカットすることが多いので、遮熱カーテンはやっぱりいらなかったかな…と思ったこともありましたが、

まぶしくてテレビが見えにくいときにもさっと閉められるし、冬でも日差しが熱く感じる時があるのですがわざわざ外側のシェードをおろすよりはカーテンを閉めたほうが楽なので、あったらあったで活躍中だし、よかったかなと思います。

error: Content is protected !!