PR
オプション

リビング横は「洋風」の畳にしたい。「ダイケンここち和座置き敷きタイプ」アイボリー(乳白色×白茶色)和紙製のインテリア畳

記事内に広告が含まれています。

2018年築の2階リビングの我が家は、とにかくリビングを広々とさせたくて、リビングの隣には普通の和室ではなく、フラットな畳コーナー(約3畳)を作りました。

さらに、2段のスキップフロアになっているスタディカウンターも付け、2階にはほかには水回りのみ。

リビングとつながった自然な畳コーナーにするために、ふつうの和風の畳ではなく、洋風のインテリア畳を採用しました。

インテリア畳(アイボリー)、リビングの床(シカモア)と近い色で自然

ダイケンここち和座 置き敷きタイプ13mm厚」、カラーは「アイボリー(乳白色×白茶色)」。

和紙製のインテリア畳になっています。

リビングの床は、標準のものからアップグレードして、朝日ウッドテックライブナチュラルの「シカモア」。

色が近いのでとても自然だし、いきなり和!!という雰囲気にならず、とても自然に見えるので気に入っています。

ただし少しデメリットも…汚れ・硬さ

ただし少しデメリットもあります。

ふつうの畳に比べると、ちょっと硬いので、正座をしたり、かるたあそびなどをしていると、ちょっと足が痛くなります。

また、色が薄いので、よく見るとうっすらと汚れていたりもします。

一度けっこう頑張って汚れ落としをしてみたのですが、それ以降はあまり気にしないでいます笑。

それでも、ぱっと見は「汚い」とは思わないので、汚れにものすごく弱いというわけではありません。

アップグレードした床の方も、よく見ると傷などがけっこうあるので、どっちもどっちですね…。

error: Content is protected !!