子育てと住まい

マンションでの子育て、戸建てでの子育て。何か差があったか?

向き不向き、好き嫌い、住みたい地域、予算、家族の意向、実家との兼ね合い。色々な他の条件も大切なので、一戸建てでの子育てが絶対に良い!なんてことはありません。子育てにおいて、マンションにも良いところがあり、一戸建てにも悪い面があります。例えば、階段があるために子どもが危険な面もある、近くに友達がいないと遊びにくいなど…。
注文住宅

注文住宅、日当たりが悪くても、明るいリビングにしたい!吹き抜けや中庭にせず、二階リビングにした理由。

明るいリビングにするために、吹き抜けや中庭をやめたのは、部屋の大きさを確保するため。二階リビングを採用して、窓を大きくしたり、位置を高くしたり、高窓をつけたりと、明るいリビングにするための工夫を凝らしたので、午前中の日当たりが悪い土地でも、十分明るいリビングになりました。
掃除

キッチンの換気扇、レンジフードの掃除をしなくて済む工夫!別売の枠とフィルターを使っています。

新築の家に引っ越したら、早めに、レンジフード(キッチンの換気扇)の対策をおすすめします! もともとついているレンジフードのフィルターのまま料理をしていると、油だらけになってしまいます。 そして、油汚れを取るために、ものすごい労...
マンション

分譲マンションが快適だった理由。一軒家にはないその魅力。

数年前、都内タワーマンションに住んだ経験があります。 また、別の分譲マンションに賃貸で住んだこともあります。 地方出身の私には、驚くような設備ばかりで、本当に驚きました。 豪華なゲストルーム、プール、ライブラリー、スカイ...
建売住宅

日当たりの悪い部屋、どう工夫すれば快適に暮らせる?旗竿地に建つ建売住宅の一階リビングに住んだ経験から。

外の景色を利用したり、照明や家具を工夫したりと、様々な工夫を試みました。そのおかげか、来客があっても「思ったより暗くないね!」「明るいね」とよく言われていました!あとは、とにかく散らかさない、物を増やさないことも大切なので、ぜひ気を付けてくださいね。
住宅全般

狭いリビングでも、子育て中でも、スッキリ快適に暮らすコツについて。

とにかくリビングに物を増やさない。出したものはしまう。そのためにはリビングにおいておける物を決めて、その物の所在地もきちんと決めておく。これがとにかく大事だと思います。
インテリア&家電

リビングをできるだけオシャレにしたい。選んだ家具、時計、造り付けの収納などの紹介。

注文住宅のリビングをオシャレにしたいなら、時計や家具、ウッドブラインド、建具の色、照明、間取りなど、いろいろなことにこだわるといいですね。イメージをふくらませるには、3Dマイホームデザイナーがおすすめです。
住宅全般

広いリビング、狭いリビング。両方経験してみて分かった、メリットとデメリット。

広いリビングは広々として快適で、家族全員がそろっても狭苦しくない。しかしデメリットもあり、冬寒くてあたたまりにくい、夏も冷房が効きづらい、広いと生活する上での動作が面倒になりがち、広いと一人だとさみしいなど、デメリットもあります。狭いリビングにもメリットがあります。
子育てと住まい

子育てしやすい家の「立地」条件について。いろいろな家に住んだ私の経験から分かったこと。

子育てしやすい家を選ぼうという時、家の広さや間取りよりも、「立地」をまず重視して選ぶことをお勧めします。 子どもの安全や友達との関係、家族のゆとりなど、様々なことに影響するためです。 駅からのアクセス、安全? 駅から近い...
内覧(注文住宅)

注文住宅、洗濯干しと片づけの時短!リビング横のWIC(ファミリークローゼット)と、洗面所&リビングに付けた「ホスクリーン」

洗濯物を干す、取り込む、たたむ…。5人家族ともなればこの作業は毎日欠かさず行われます…。 なるべく時短になったらいいな。でもダサいのは嫌だな。と思いながら、注文住宅の計画を進めました。 そこで、2階リビングの我が家は、「洗う(...
タイトルとURLをコピーしました